自走式立体駐車場が適している場所とは

立体駐車場にはドライバーが車両を運転して目的階まで移動する自走式と、装置内部に車両を収容する機械式があります。自走式立体駐車場には構造の違いによってフラット式とスキップ式、連続傾床式の3種類が存在します。フラット式は大規模な駐車場に適しており、特定の時間に入出庫が集中する商業施設や病院などで採用されるケースが多く見られます。スキップ式は小規模から中規模の駐車場に適していて商業施設や病院の他に、集合住宅やホテルなどで採用されています。

連続傾床式も小規模から中規模の駐車場に適しており商業施設や病院、集合住宅やホテルの他に有料駐車場などで採用されるのが一般的です。自走式立体駐車場の中でもフラット式は床が平坦なのでショッピングカートやベビーカー、車椅子でも簡単に移動できます。柱やブレースが少なく駐車しやすいだけでなく、自分の車両位置を把握しやすいというメリットもあります。スキップ式の自走式立体駐車場は、段違いの平坦な駐車スペースと短いスペースが連結しているのが特徴です。

スロープが短いので狭い敷地にも対応でき、一定方向に移動するため空いている駐車スペースを容易に見つけることができます。床が平坦なのでショッピングカートなどでも移動しやすく、駐車効率が優れていて段差や傾斜の多い土地にも対応可能です。連続傾床式は床全体が螺旋状になっていてスロープに駐車スペースが面しており、駐車効率が高くコストパフォーマンスが優れています。このタイプは急カーブや急勾配がないため利便性と安全性が優れているというメリットもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です