自走式立体駐車場の制限とは

自走式立体駐車場とよばれる駐車場は世の中にたくさんあります。自走式立体駐車場とは、自分で上まで上がる駐車場のことです。いわゆる立体駐車場と呼ばれるものは、2階建て以上になっていることがほとんどです。ショッピングモールなどに行くと、3階建てから4階建ての駐車場であることも少なくありません。

これも1種の自走式立体駐車場と言えるでしょう。自走式立体駐車場が多いのは、土地が狭いからといっても言い過ぎではありません。日本は、国土の割には人口が多く、しかも都市部にはたくさんの人口が集中しているため駐車スペースがないことからこのような駐車場が多くなります。自走式駐車場に自動車を停車させる場合には、いくつか制限があることを頭に入れておかなければいけません。

その制限の1つが、高さ制限になります。例えば、トラックのような大きな高さのものはそもそも駐車場の内部に入るができないでしょう。もちろんトラックといっても、2トントラック程度なら問題ありませんが、大型トラック等はまず難しいです。同じように、マイクロバスなども高さ制限や長さ制限等があるため中に入ることができません。

そのため、万が一入ってしまった場合中に駐車することができなくなるため気をいけなければならないところです。もし、中に入ってしまった場合には、損害賠償請求等の恐れもあります。もちろん建物を壊さなければ問題ありませんが、それでも周りの人に迷惑をかけてしまうのは間違いありません。自走式立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です