自走式立体駐車場を導入する場合のポイントとは

自走式立体駐車場にはフラット式とスキップ式、連続傾床式の3種類がありそれぞれ異なるメリットが存在します。最適な自走式立体駐車場を導入するには、構造や用途の違いを理解することが大切です。フラット式は自走式立体駐車場の中でも基本的なタイプで、駐車スペースとスロープが連結しています。見通しがよいため自分の車両の位置がわかりやすく、柱やブレースが少ないので簡単に駐車できます。

床が平らでショッピングカートやベビーカー、車椅子で移動しやすいというメリットもあります。平らな駐車スペースと専用のスロープが連結しているフラット式は、大規模な駐車場に最適です。病院や集合住宅、商業施設のように入出庫が特定の時間に集中する場合にもこのタイプを導入するとよいでしょう。スキップ式は駐車階を半階ずつずらした構造になっており、スロープを半階分だけ上げるので短くすることができます。

スロープが短いので狭い土地に対応できるだけでなく、初心者でも走行しやすいというメリットがあります。一定方向に移動しながら駐車スペースを探せるため、空きスペースを簡単に見つけることができます。このタイプは小規模から中規模までの駐車場に適しており病院や集合住宅、商業施設やホテルなど特定の時間に入出庫が集中する場所で採用されるケースが多く見られます。連続傾床式は床全体が緩やかな螺旋状になっていて、駐車効率が高いというメリットがあります。

コストパフォーマンスが優れており、特定時間に入出庫が集中する商業施設などで小規模から中規模までの駐車場に採用されるのが一般的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です