自走式立体駐車場にはいくつか種類があります

自走式立体駐車場にはいくつかタイプがあり、フラットやスキップ、連続傾床タイプがあります。構造によって目的やメリットが違っていて、それぞれ特徴があります。フラットの場合、自走式立体駐車場では基本の形式です。駐車スペースと専用スロープが連結し、場内の見通しは良くです。

利用者にとって車の位置が分かりやすいことは利便性が高いので、人気のあるタイプになります。床は平坦でショッピングカートや車椅子などが移動しやすく、商業施設や病院などに採用されていることが多いです。スキップの場合、駐車階を半階ずつずらした自走式立体駐車場です。スロープを半階上げるので、スロープを短くすることができます。

敷地が狭くても対応することができ、スロープが短いので初心者も走行しやすい形状です。一定方向に巡廻しながら、駐車スペースを探すことができます。空きスペースを見逃しにくくなっており、床が平坦なのでカートや車椅子でも使用することが可能です。駐車効率に優れていて、狭い土地や段差が多い土地でも十分対応することができます。

連続傾床は床全体が緩やかならせん状で、スロープにスペースが面している自走式立体駐車場です。一周することによって1階層上がるので、スムーズにスペースを見つけられます。独立したものが必要ないので、他の形式より収容できる台数が多くなります。駐車効率が良くなるのでコストパフォーマンスが高く、動線がシンプルなので利便性や安全性に優れています。

自走式立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です