自走式立体駐車場を選んだ方がよい場合とは

自走式立体駐車場はある程度広い敷地を確保でき、大規模な駐車場を造りたい場合に適しています。非常に狭い土地や複雑な形状の土地でも多くの車両を収容したいのであれば、機械式の立体駐車場を建設するとよいでしょう。自走式立体駐車場にはフラット式とスキップ式、連続傾床式の3種類がありそれぞれに異なるメリットが存在します。これらのうちスキップ式はスロープが短く駐車効率が優れているため、比較的狭い土地や段差・傾斜の多い土地にも対応できます。

フラット式の自走式立体駐車場は最も基本的な構造を持っており、駐車スペースと専用スロープが連結しています。このタイプは大規模な駐車場を運営したい場合に適していて、建設するには広い敷地が必要です。場内の見通しがよく車両位置の確認や駐車がしやすいというメリットがあります。スキップ式はスロープを半階分だけ上げる構造になっていて、フラット式などと比べて短くすることができます。

車両を一定方向に移動させるので、空いている駐車スペースを探しやすいというメリットがあります。フラット式とスキップ式は床がほぼ平坦なため、ショッピングカートや車椅子での移動が容易です。連続傾床式が床全体は緩やかな螺旋状になっていて独立したスロープがなく、他のタイプよりも駐車効率が優れています。一周すると1階層上がる構造で急カーブや急勾配がないため、利便性や安全性を重視する場合におすすめです。

フラット式は大規模な駐車場に適していますが、スキップ式と連続傾床式は比較的小規模から中規模な駐車場に適しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です