自走式立体駐車場を導入する際の注意点とは

平地に造られた駐車場は平面駐車場と呼ばれていますが、より多くの車両を収容するため立体化・多層化されたものは立体駐車場と呼ばれます。立体駐車場には自走式立体駐車場と機械式立体駐車場の2種類に分類できます。前者はドライバーが目的階まで車両を走行させるタイプで、ある程度広い敷地が必要になります。このタイプは大型のショッピングモールなど多くの人々が集まる施設で採用されるのが一般的です。

機械式は装置内部に車両を入庫・運搬して収容するタイプで、狭い土地を有効活用できます。自走式立体駐車場は機械式と比べて入出庫を容易に行うことができるだけでなく、機械を操作するための時間が短いというメリットがあります。一般的な道路や駐車場と同じように使うことができ、乗り降りや荷物の出し入れも容易に行うことができます。車高制限があるケースも存在しますが、基本的に車両の重量制限は緩やかです。

屋上部分を除いて雨風や直射日光の晒されることがなく、平面タイプよりもセキュリティ性が優れています。自走式立体駐車場を導入するのであれば、法令の規制に注意しなければなりません。設計が駐車場法に抵触する場合、希望する駐車台数を確保できなかったり建設コストが高騰する可能性が考えられます。建築基準法や法令による技術基準を満たさなければならず、都市計画区域内で料金を徴収する場合には事前の届出が必要になります。

自走式立体駐車場の導入を検討している場合には、予め法令の規制に適合しているかどうかを慎重に確かめることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です