自走式立体駐車場にかかる費用は

駐車場が必要な場合、自走式立体駐車場にしてみるのも良いでしょう。自走式立体駐車場とは、わかりやすく言えばショッピングモールの駐車場のようなものです。平面の方ではなく、建物の2階や3階に自動車を置く場合が自走式立体駐車場の例といえます。建物がある場合には、その建物を利用しても良いですがあまり大きな建物でない場合には、そもそも自走式立体駐車場にするメリットがないどころか、そもそも物理的に不可能になります。

最低でも、スーパーマーケット程度の大きさが必要になるところでしょう。自走式立体駐車場にした場合の費用ですが、建物の2階部分や屋根の部分を使う場合には、自動車が動いても問題ないように屋根を強化しなければなりません。鉄筋コンクリートならば、最初からある程度評価されているため補強する必要は無いですが、そうでない場合は補強するかあるいは重さに耐えられず壊れてしまわないようにあらかじめ別の場所に立体駐車場を作る方法があります。このときの費用は、土地代金はかからない場合には概ね10、000、000円位のお金があれば良いでしょう。

多くは、建物の上のほうに登って行く道路を作るためです。後は、白い線などを引いてトラブルが起きないようにすることも大事になります。立体駐車場では、防水加工が施されている屋根にしなければいけません。自動車が往復するため、ある程度頑丈にしておくことも大事になります。

防水加工に関しては、専門家に話を聞いてみると良いかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です