自走式立体駐車場に付加価値を付けよう

自走式立体駐車場にいくつか付加価値を付けることができ、例えば省電力化への取り組みを実現することが可能です。LED照明に交換することと省電力化を期待できたり、壁や床の表面などを明るい色に塗装すると反射効率を高めることができます。振動や騒音への取り組みもおすすめで、毎日多くの車が頻繁に出入りするので振動や騒音などの対策が必要です。早朝や深夜に利用することもあるので、駐車スペースの位置を配慮するなど工夫すると、心地よく利用できるものになります。

緑化の推進も大切で、自走式立体駐車場は鉄骨で造られているので、人工的なイメージを持つことが多いです。イメージを払拭するため、立体駐車場の緑化はおすすめです。癒しのある都市景観を形成することができ、利用者や近隣住民などの快適性を維持することができます。コンクリートなどによるヒートアイランド現象を緩和することができ、車内の高温化の防止も期待することができるでしょう。

歩行者が安全に移動できる動線づくりなど、安全にも配慮した取り組みが大切です。電気自動車(EV)の対応も必要で、地球温暖化が加速する現代では省エネルギーや省CO2に貢献する、電気自動車(EV)が増加傾向にあります。電気自動車がますあす選ばれる時代になるので、立体駐車場も電気自動車に対応したものが求められます。自走式立体駐車場に駐車中に充電できる充電器の設置があると便利で、活動が進んでいます。

急速充電器をいくつも設置するには、高圧受電が必要になるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です