人の目を惹く車両ラッピング

クルマは走る宣伝カーのような効果があります。待ちゆく何人もの人たちや他のクルマのドライバーに効果的に宣伝することができます。通常広告というのは貼り付けられているので、自分で動くことができません。そのためその前を通らないと目にすることができませんから、見る人の数も限られてきます。

ところが、クルマの広告は動くことができるので、それを目にする人の数は非常に多くなり可能性も広がります。クルマのボディに宣伝広告をする場合、車両ラッピングという方法を用います。従来の塗装とは異なり、印刷された薄いフィルムをボディに貼り付けていきます。印刷なので塗装では不可能なような美しい絵や文字、写真などを効果的に貼り付けていくことができるのが最大のメリットとなります。

車両ラッピングでは目を惹くデザインであることが重要です。クルマの広告の弱点はじっと止まって宣伝をすることができないことです。そのため一瞬の勝負となりますから、いかに目を惹き、一瞬の間で伝えるかということがポイントになってくるわけです。そのため大きなバスやトラックなどは目立つので宣伝効果は大きく、最近の市バスなどでもこのラッピングされた車両をよく見かけます。

この広告は市バスにとって大きな収益となっており、経営難に陥っていた市の財政をサポートすることになっているようです。ラッピングは簡単に剥がすことができるので、一定の広告期間が終了すれば別の広告に交換することも簡単です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です