レンタカー利用できる福祉車両

介助を必要とする方が家族の中にいる時に便利なのが福祉車両です。これは乗り降りしやすい設計となっているため使いやすく、一般の自家用車やタクシーよりも安全かつ楽に利用することができます。日常的かつ頻繁に自動車を利用する家庭では購入するべきですが、老人ホームなどに入居している家族を迎えに行ったり、一緒に旅行に行くなど月に数回程度しか必要でない場合には福祉車両のレンタカーを利用するのがお勧めです。使うときだけ借りれば良いので購入するよりも安く済み、福祉割引が適用されることもあるのでさらに気軽に借りられます。

ところで福祉車両には大まかに分けて3つのタイプが展開されています。まず1つ目が車いすごと乗り降りできるタイプです。これは後ろのバックドアが上に大きく開き、スロープや電動リフトがトランク部分に搭載されているので車いすに乗ったまま車に乗り込めます。そして2つ目が後部座席に乗るタイプです。

後部座席のドアが大きく開き、座席がレバーによって回転したりそのまま外側に出てくるので、車いすからスムーズに乗り込めたり前かがみにならず乗ることができます。3つ目のタイプが助手席に乗るものです。レバーを操作することでシートが回転したり外に出るので、こちらもスムーズに乗ることが可能です。福祉車両のレンタカーはインターネットや電話から申し込むことができます。

また標準車を取り扱っている一般のレンタカーショップの窓口から予約することも可能となっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です