移乗可能な人のための福祉車両のレンタカー

福祉車両のレンタカーは、ふだんから通勤や通院などのために福祉車両を利用している人でなくても、気軽に申し込むことができるものです。そのため、たとえば身体が弱い人が遠くの場所への家族旅行に出かけるといった場合にも、こうしたレンタカーがあればたいへん重宝するものです。福祉車両とはいっても、実にさまざまな種類がありますが、車いすから自動車の車内の座席への移乗が自力でできるといった程度の人であれば、より簡易なつくりのものでも差し支えはないでしょう。福祉車両のなかには、社会福祉法人などでよく使用されているような、リフトやスロープで車いすごと自動車に乗り込むことができる大型のワゴン車タイプのものもありますが、それ以外にも、コンパクトカーを多少改造した程度のものもあります。

このような車両では、レバーを操作することによって、座席が回転して車外にスライドするような機構がついており、より乗り降りがスムーズになるようになっています。普通の乗用車では、なかなかスムーズな乗り降りができず、時間がかかってしまってしかたがないという場合には、特別な日だけ、こうした福祉車両のレンタカーを借りるのが望ましいといえます。料金に関しても、通常の乗用車とはそれほど変わりがありませんし、身体障害者手帳を所持しているのであれば、障害者割引を適用してもらい、安上がりにすませることもできますので、それほど負担にはならないはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です